進学塾unitのブログ
来るときにやる気になる。帰るときに笑顔になる。
進学塾unitのブログです。

地震波の計算問題の指導法 (00:00)

北辰テストの直前ということもあり、土曜日に

 

対策授業を行った。その中で地震波の計算問題を

 

指導したので、その中で思ったことについて

 

書こうと思う。

 

 

 

1)地震の仕組みと用語の確認を丁寧に行う

 

まずは地震についての基本的な仕組みを確認する。

 

よく見られるのは「マグニチュードと震度の混同」

 

である。私はいつも次のように説明している。

 

 

今回もこの説明をしたが、生徒たちにとっては

 

イメージしやすいたとえだと思う。

 

 

 

2)様々な問題のパターンに触れてもらう

 

地震波の計算問題には以下の基本パターンがある。

 

・初期微動継続時間を求める

 

・地震の発生時刻を求める

 

・主要動の始まった時刻を求める

 

・震源からの距離を求める

 

P波、S波の速さを求める

 

また、情報の与えられ方も様々である。

 

・文章から読み取る

 

・表を読み取る

 

・グラフを読み取る

 

これら様々なパターンに慣れてもらう必要がある。

 

 

 

 

  緊急地震速報の問題もよく出題される。

 

 

 

3)大事な発想(生徒たちがつまずくポイント)

 

「○○と△△が分かれば□□が分かる」

 

「与えられた材料をどう使うか」という思考を

 

自分ひとりで進められない生徒が多い。

 

たとえばこういう発想だ。

 

P波の到達時刻とS波の到達時刻が分かれば、

 

初期微動継続時間が分かる」

 

P波の到達時刻と初期微動継続時間が分かれば

 

S波の到達時刻が分かる」

 

「震源からAまでの距離と時間が分かれば

 

速さが分かる」

 

「初期微動継続時間の比と片方の距離が分かれば

 

もう片方の距離が分かる」

 

 

 

「○○と△△が分かるね。では、何が分かる?」

 

「□□を求めるためには何が分かればいい?」

 

などと発問すれば答えられるものが多いのだが、

 

自分一人だと完全に手が止まってしまう子がいる。

 

我々が授業で行うこのような発問を「自問自答」

 

できるように指導していくことが大切である。

 

(すごく難しく、時間がかかることなのだが・・)

 

 

 

「(2つの数値を見たら)差や比を求める」

 

複数の数値を見て「差や比を考える」という

 

ことを無意識にできる子とそうでない子がいる。

 

とくに「比を求める」という作業は、数字の感覚

 

が無い子にとってはしんどい。

 

たとえば、「28km140km」という数字を見て

 

5倍だなぁ」と気づけるかどうか。

 

15秒と24秒」という数字を見て「5:8だなぁ」

 

と気づけるかどうか。こういう数字の感覚が

 

地震波の計算には必要不可欠だ。

 

 

 

 

4)まとめ

 

理科の計算問題を解くためには、

 

「土台となる最低限の知識」

 

「図や表を書くなどの基本動作」

 

「比や公式の利用」

 

の三つが揃っていないといけない。

 

 

 

今年の塾生は、現状では土台となる最低限の知識も

 

覚束ない状態で、これから習得する段階にある。

 

「計算問題で手が止まる」という状態のまま

 

高校受験を迎えることの無いよう、密度の高い

 

解説、質・量ともに高い演習を行っていきたい。

 

| 2020.06.22 Monday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
北辰対策 (00:00)

今日は中3生に北辰対策を実施する。

 

 

 

授業を一番楽しみにしているのはおそらく私だ笑

 

塾生たちの知的好奇心をくすぐる、濃密な授業を

 

提供したい。

| 2020.06.13 Saturday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
立方体の見取図と展開図の指導法(2) (00:00)

ステップ3 頂点を決める

 

算数が苦手な子にとっては、ここが鬼門だ。

 

まずは自力でやってみてもらい、よく分かって

 

いない場合は、以下のように対応する。

 

「見取図の中の前の面を見て下さい。今から先生が

 

展開図の中の点をペンで指すので、あなたは見取図

 

の中の同じ点を鉛筆で指してください。」

 

と言いながら展開図上でペンを順に動かしていき、

 

生徒がそのペンの動きについてこられているかを

 

確認する。次に左の面を点B→点F→と時計回りに

 

動かし、点Fの左にある点が点Eだと気づかせる。

 

さらに時計回りに動かし点Eの上が点Aだと気づ

 

かせる。理解できたら展開図上に書き込ませる。

 

(慣れてきたらだんだんペンを動かすスピードを

 

速くして、追いかけっこをする笑 これも結構

 

やっていて楽しそうである。)

 

 

 

 

同じように奥の面を点A→点E→と時計まわりに

 

動かし、同じように頂点を埋める。

 

慣れてきたら、今度は自分でその動きをやって

 

もらって、それぞれの頂点を埋めてもらう。

 

 

このときに「必ず時計回りか反時計回りにペンを

 

動かすこと」を意識してもらう。苦手な子は、

 

このような動きを適当にやってしまう(順序を

 

意識せずに書き込んでしまう)ので注意したい。

 

このあとこれとは別の展開図を用意し、何問か

 

同じタイプの問題を演習する。

 

 

 

 

ステップ4 展開図の性質を教える

 

ここまでできたらとりあえず問題を解くことは

 

出来るのだが、別の考え方・解き方を教えて

 

おいて、忘却やミスの防止に備えたい。

 

「L字になっているところを見てごらん。

 

同じ頂点になっているよね。」

 

 

全ての図で、この法則が成り立っていることを

 

確認してもらう。

 

 

 

「もう一つのコツがあります。見取図の点Bから

 

いちばん遠い点はどこかな?」と発問する。(今回

 

は点H。ちなみに点Dと答える子が多い。)

 

「見取図でいちばん遠い点(反対側の点)は、

 

展開図ではつながった2枚の長方形の対角線を

 

引いたところにあるよね。」と説明する。

 

 

この二つのコツを納得してもらったら、今度は

 

先ほどと同じ問題を、このコツを使って解いて

 

もらう。これでだいたいの生徒が自信をもって

 

頂点を埋められるようになる。

 

 

 

正直、すんなり出来る子は、ここまで細かく

 

ステップを踏まなくても出来ると思う。ただ

 

図形の感覚が身についている子が解けるのは

 

当然であって、身についていない子にどの

 

ように納得してもらうか、どのように解ける

 

ようになってもらうかが大切だと思うのだ。

 

勉強が苦手な子の指導を通じてこちらの

 

指導も毎年きめ細かくなっていく。理解して

 

もらえるまでがお互い大変ではあるが、

 

授業のやりがいの一つだ。

| 2020.06.12 Friday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
立方体の見取図と展開図の指導法(1) (00:00)

最近、立方体の見取図と展開図の指導について

 

いくつかの気づきがあったのでまとめておきたい。

 

ちなみに、こういう問題。私も小、中学生のときに

 

苦手だった記憶がある。

 

問 展開図の頂点を埋めなさい。

 

 

以下の指導案は算数の苦手な小学生に指導すること

 

想定しているが、中1の数学でも使えると思う。

 

 

 

ステップ1 用語の説明

 

まず見取図、展開図という言葉の意味を確認する。

 

見取図…全体の様子が分かるように斜めから見て

 

書いた図。

 

展開図…立体を切り開いて書いた図。

 

(中学生の授業では「展」という漢字が「広げる」

 

という意味だということを確認する。中学理科の

 

金属の性質で展性という言葉が出てくる。展覧会

 

や発展という言葉でイメージをしてもらう。)

 

 

 

次に見取図におけるそれぞれの面の呼び方を統一

 

する。上、下、右、左、前、奥と呼ぶことにする。

 

右の面を指さして「ここの面はなんて呼ぶ?」と

 

発問すると、言葉の運用が的確でない生徒は

 

「横の面」と答えることがある。

 

「それだと相手に正確に伝わりませんよ。」と、

 

日頃から的確に言葉をつかう意識付けをする。

 

またこういうところを端折って説明を始めると

 

話が理解しづらくなり、あとから「えっ、そこが

 

分かっていなかったの?」ということにもなる。

 

算数が苦手な子は、こういう言葉の運用にも

 

気を配って指導したい。

 

 

 

 

ステップ2 面の確認

 

まず展開図における面BCGFが見取図における

 

どの面になるかを発問する。(今回は前の面)

 

だいたいの生徒は「展開図における面が見取図に

 

おけるどの面になるか」を自力でできるが、もし

 

つまずくようならばヒントとして「折り目の辺には

 

二つの面がくっついている」ことを伝える。

 

今回だと「辺FGとくっついている面は、前の面

 

とどこの面かな?」というように発問する。

 

これでだいたい出せると思うが、もし難しいと

 

いうことであれば、とりあえず左と下だけ埋めて、

 

残りの面は頂点を埋めながら考えて行っても良い。

 

 

(明日へ続きます。)

| 2020.06.11 Thursday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
テスト勉強モードに突入 (00:00)

昨日から定期テストに向けての勉強会シフトを

 

敷いている。それぞれ自分が必要と思う教科に

 

取り組んでもらった。最近入塾した子たちは

 

勉強の仕方を確認するところから始める。

 

 

 

「お〜ノートまとめをしているのか。良いね。

 

ただ、ノートまとめは時間がかかるのが弱点

 

だから、記号を使って簡略化することと、

 

完璧に覚えていることは書かないことを意識

 

しようね。あ、あとから問題練習をしたときに

 

追加情報を書けるようにスペースを空けて

 

書こうね。」

 

 

 

「歴史を勉強するときは、いきなり教科書を

 

読むのではなくて、まずはこの参考書を読もう。

 

(一緒に参考書の内容を確認しながら)この

 

参考書はこういうところが良いでしょう?

 

分からない言葉が出てきたら、必ず意味を調べ

 

たり質問したりしようね。そのあとこの問題集を

 

解いてごらん。自然と頭に入っていると思うよ。」

 

 

 

「間違えた問題をそのまま放置したらいけません。

 

あなたは物事を言語化する能力が高いのだから、

 

その武器を活かして勉強ないともったいないよ!」

 

「いま、それをやる前にまずは教科書を一通り

 

読んで、内容を思い出してから取り組んだ方が

 

やりやすいんじゃないかな。」

 

 

 

 

「丸つけがこまめにできていないし正確にできて

 

いないよ。丸つけの段階で自分の間違いに気づか

 

ないということは、テストのときにも気づけない

 

ということだよ。もっと丸つけのときに緊張感を

 

持って!」

 

 

 

「本当にそのレベルの問題練習が必要だと思った?

 

もう少し負荷の高い問題でも良いんじゃない?」

 

 

 

 

「いま勉強しているこのページって何時代の話?

 

長編のマンガで『○○編』とかってあるでしょう。

 

『あのキャラは○○編で出てくる!』とか、『あの

 

出来事は△△編の話』とか覚えるでしょう?そんな

 

感じで頭の中を整理整頓することを意識しようね。」

 

 

 

 

「文字式は、ひとつひとつの式が何を表しているか

 

を毎回言えるようにしようね。そうでないと、なん

 

となく式を立てるだけになってしまうよ。」

 

 

 

こんな感じで一人ずつ具体的なアドバイスをする。

 

どの子も素直に修正しようと頑張っていたと思う。

 

集団授業も有意義だが、みんなが黙々と机に向かう

 

このスタイルも同じくらい有意義だと感じる。

 

今日もバリバリ頑張ろう!

| 2020.06.09 Tuesday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
手を動かすことの大切さ (00:00)

「英作文を行うときは、まず日本語文に様々な

 

情報を書き込もう。頭の中だけで一気にやろうと

 

しないようにね。」

 

「数学の問題を解くときは、まず問題文や図に

 

分かっている情報を書き込もう。頭の中だけで

 

一気に答えを出そうとしないようにね。」

 

「本文に線を引きながら読もう。」

 

「設問に作業しながら読もう。」

 

すべて、今日一日で生徒たちに伝えたことだ。

 

結局、どれも同じことを言っている。

 

 

 

 

読む、聴くといった行動よりも「手を動かす」

 

という行動のほうが、より頭を使わなければ

 

ならないし、能動的であることが求められる。

 

勉強において気をつけなければならないことは、

 

受動的にならないようにすることだ。授業中でも

 

演習中でも、常に能動的でなければならない。

 

「能動的である」ということは、「時間が早く

 

過ぎるように感じる」「集中力が保てる」

 

「より手応えを感じられる」「より楽しめる」

 

ということに繋がる。

 

余談だが、昔から掃除をするときに感じている

 

ことがある。勉強が得意な子のほうが勉強後の

 

机まわりが汚れている気がする。消しゴムの

 

カスの量、シャーペンの跡。そういったものが

 

より多く見られる気がする。(もちろん例外は

 

あるが・・・)これも勉強が得意な子のほう

 

手を動かす回数が多い、 ということを示して

 

いるのではないだろうか。

 

 

 

 

塾生諸君、とにかく手を動かそう。

 

解く力も、読む力も、聴く力も、考える力も。

 

すべては手を動かすことから始まるよ。

| 2020.05.30 Saturday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
英作文も「困難は分割せよ」 (00:00)

受験生の英作文を添削している。

 

英語が苦手な子は結構苦戦している。

 

完全にお手上げの空欄もちらほら見られる。

 

もちろん知識が不足しているから書けない

 

ということもあるだろうが、中には英語への

 

取り組み方自体に原因が見られる子もいる。

 

 

 

まず日本語文に作業の跡がまったくない。

 

日本語文がきれいなままなのだ。

 

英語では、まず「日本語の分析」が必要だ。

 

時制は?主語は?動詞は何を使う?

 

どんな文法がテーマになっている?

 

そういったことを丁寧に確認した上で

 

英文を組み立てなければならない。

 

英語が得意な子はそれらのことを同時に処理

 

できるが、苦手な子は一つずつ確認していく

 

必要がある。しかし苦手な子に限ってそれらの

 

確認作業をいっぺんに頭の中だけでやろうと

 

している。これではいろいろな情報の見落としも

 

起こるしエラーも起きる。解き方が大雑把に

 

なってしまっている。

 

 

 

「困難は分割せよ」という有名な言葉があるが、

 

英作文においても同様。個々のパーツに分けて、

 

一つずつ丁寧に確認しながら進めていかないと

 

いけない。もちろんこれは英作文に限った話では

 

なく、他の教科への取り組みについても同様の

 

ことが言える。「なんとなく」英作文をやろうと

 

する子は数学でも「なんとなく」答えを出そうと

 

する。このクセを修正していく必要がある。

 

 

 

これから受験が終わるまで繰り返し伝えることに

 

なると思うけれど、粘り強く身につけていこうね。

| 2020.05.28 Thursday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
苦手な教科の宿題のやり方 (00:00)

苦手な教科の宿題を実施するときは色々な工夫を

 

しよう、という話をした。

 

手応えが無いまま宿題をしていても、いたずらに

 

時間だけが過ぎてしまうことになりかねない。

 

しかし真面目な子ほど、このような事態に陥り

 

やすい気がする。せっかく真面目に取り組んで

 

いるのに、非常にもったいない話だ。

 

たとえば・・・

 

やるべき問題の奇数番号だけを解いてみる

 

分からないものがあれば、質問して解決する

 

理解できたら、残りの偶数番号を解く

 

という工夫をするだけで理解度やモチベーションは

 

かなり上がると思う。また、トータルでかかる時間

 

もだいぶ減ると思う。

 

 

 

自分が頑張ることが大事なのは言うまでもないが、

 

せっかく塾に通っていて、先生に教えてもらえる

 

環境があるのだ。その環境を最大限に活かしつつ

 

頑張っていこう。

| 2020.05.27 Wednesday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
メモを取らないということは・・・ (00:00)

昨日はメモを取ることの大切さについて話をした。

 

中1の子たちがいる授業中、本人たちにとって

 

大切な情報(客観的に重要で、かつ本人たちが理解

 

できていなかった内容。)を口頭でやりとりした。

 

板書しても良かったのだが、本人たちがどれだけ

 

メモを取ることができるかを見てみたかったので

 

(前回、前々回の授業で「メモを取ろう」という

 

指示を出した)、あえて口頭のみで伝えて様子を

 

見た。頷いて聴いてはいたが一向に手が動かない。

 

「なぜメモを取らないのですか?君たちは一度

 

聞いたことを完璧に覚えていられる特殊能力を

 

持っているのですか。それならメモしなくても

 

良いですが。」教室に少しだけ緊張が走る。

 

ここまで言って、はじめて本人たちの手が動く。

 

(もちろん一回目の指摘であれば、こういう

 

伝え方はしない。)

 

 

 

やはりどうもメモを取ることの重要性がまだ

 

ちゃんと分かっていないようなので、改めて

 

メモを取ることの大切さを話した。

 

 

 

 

「君たちが授業中に先生から聞いたことを一回で

 

完璧に覚えて欲しいなんて、思っていません。

 

人間は忘れる生き物だからね。そして、メモを

 

取った上で『しっかりと覚えよう』と努力して、

 

その上でどうしても覚えられないことがあるのを

 

責めるつもりもありません。人間の記憶力は個人

 

があるからね。でもメモを取らずに聞いていて、

 

その結果として「え〜っと、何でしたっけ?」。

 

これは通りませんよ。

 

たとえば君たちが高校生、大学生になったときに

 

アルバイトをするとしよう。先輩が一生懸命に

 

仕事のやり方を教えてくれる。きみたちはメモを

 

取らずに先輩の話を聞いている。いざその仕事を

 

するときに『あれ、これってどうやってやるん

 

でしたっけ?』って先輩に言ったら、どう返事が

 

返ってくると思う?『いや、さっき教えたよね。

 

なんでメモ取っていないの?』って当然なるよね。

 

『メモを取らない』ということは『そうしなくても

 

絶対に覚えているので大丈夫です。』と言っている

 

のと同じことです。授業で先生が喋ったことを

 

すべてメモするのは難しいけれど、そういうつもり

 

でメモを取る取らないを決めてください。そして、

 

それを考えながら話を聴くということはとても

 

集中力の要ることだよね。だから、授業中は真剣に

 

話を聴いてほしい。分かりましたか?」

 

というお話をした。

 

 

 

本人たちの名誉のために言っておくと、

 

この子たちはとても真面目で頑張る子たちだ。

 

授業も宿題も頑張ってくる子たちだ。このときも

 

「真面目に」話は聞いていた。だからこそ

 

「真面目」で満足することなく、「真剣」とは

 

どういうことかを理解し身につけてもらいたい。

 

この子たちは素直なので、さっそくその話をした

 

あとからはメモをガシガシ取っていた。

 

次回の授業、楽しみにしてますよ。

| 2020.05.26 Tuesday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
何度も繰り返す (00:00)

先日、ある小学生の子に出した算数の課題を

 

添削した。

 

この子は半年前に入塾してくれた子だ。

 

一つの問題の中で複数の手順を必要とする問題に

 

なると、問題のなかにある数値を適当に演算する

 

クセがあった子だ。なぜこういうクセがついて

 

いたか。おそらく学校の授業でのつまずきを解消

 

できないまま進んでしまい、「算数とは適当に

 

数字をいじくるものだ」という感覚になって

 

しまったのだと推察している。

 

本人も算数の授業が理解できないまま進んで、

 

算数の授業が大変だったのではないかと思う。

 

 

 

今回の課題を添削しているとそのクセが見事に

 

改善されていた。一つ一つ、数値の意味を

 

ちゃんと考え、目的をもって計算できている。

 

ここにいたるまで、今までの授業で何度も同じ

 

話をした。「算数とは、そういう教科ではない

 

のですよ。これこれこういう力をつけるために

 

算数に取り組んでいるのですよ。こういう風に

 

勉強しましょう。」というようなお話を積み

 

重ねてきた。もちろん本人もシュンとなること

 

もあったが、そのたびに励ましながら指導を

 

してきた。少しずつ算数という教科に対しての

 

考え方、捉え方が変わってきたのだと思う。

 

もちろん、これで安心!というわけではない。

 

気を抜くとすぐに出てくるから「クセ」なのだ。

 

これからも同じことを指導する場面が出てくる

 

だろう。でもそれで良いと思う。そのたびに

 

「また良くないクセが出てきちゃったね。

 

直していこう!」というやりとりを続けて

 

いきたいと思う。勉強とはそういうものだ。

 

 

 

何はともあれ、私としてはとても嬉しい瞬間

 

だった。

| 2020.05.25 Monday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
| 1/8 | >>