進学塾unitのブログ
来るときにやる気になる。帰るときに笑顔になる。
進学塾unitのブログです。

中3数学 三平方と空間図形(12月) (00:00)

中3生は本格的に受験対策に入る。

 

 

高校入試数学の重要単元である三平方の定理の

 

空間図形への応用。

 

 

 

 

空間図形の問題は、多くの問題で

 

「見取り図」

 

が与えられている。

 

見取り図は、ななめから見ることで全体の様子を

 

把握するのに適している図だ。

 

ただ、この見取り図だけで物事を処理しようと

 

するといろいろと不都合がある。

 

なぜなら

 

「ななめから見る」→「ゆがんで見える」

 

からだ。たとえば

 

「直角であることに気づかない」

 

とか、

 

「正方形かひし形か見分けがつきにくい」

 

ということが起きる。

 

そこで、受験生は

 

「展開図」「断面図」「投影図」

 

といった図を自分で描き、

 

3次元(立体)の問題を2次元(平面)に

 

直して考えることが必要とされる。

 

「3次元は2次元に落として考えろ!」

 

ということだ。

 

とくに断面図に関しては演習不足になりがち

 

なので、徹底的に練習を行った。

 

 

| 2019.12.25 Wednesday | unitの授業報告 | comments(0) | 進学塾unit |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>