進学塾unitのブログ
来るときにやる気になる。帰るときに笑顔になる。
進学塾unitのブログです。

感覚を育てる (00:00)

算数や数学を教えているときにとくに感じること

 

だが、「いきなり答えや解き方、式を考える」

 

という生徒が多いように感じる。

 

 

 

 

たとえば、160人のうちの60%が男子です。」

 

と言われたときに、「あ〜、60%は半分(50%)

 

よりもちょっと大きいな〜。160人の半分は

 

80人だから、答えは100人くらいかなぁ。」

 

ということを感じている子が少ない。

 

いきなり「式は?」と考えていることが多い。

 

そして小数点のつけ忘れなどの計算ミスをして、

 

答えを「960人」と書いてもミスに気づかない。

 

そもそも予測していないからである。

 

 

 

 

答えとなりそうなものをざっくりと捉える、

 

大まかに予測するというプロセスは、どの教科に

 

おいても必要とされることだ。

 

解き方、式の立て方のみにとらわれず、

 

その問題を見たときに感覚的に捉える力がつく

 

ような指導を心がけていきたい。

| 2020.01.31 Friday | お勉強のヒント | comments(0) | 進学塾unit |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>