進学塾unitのブログ
来るときにやる気になる。帰るときに笑顔になる。
進学塾unitのブログです。

あれこれ試行錯誤する根性 (00:00)

小学生の算数。先日の授業で、とある子がよく理解

 

できていなかったところがあったので、もう一度

 

自力で考えてもらった。ちなみにこんな問題。

 

 

「39をわっても66をわっても3余る数を求めよ。」

 

 

この問題にはいくつかの難関がある。まず「3余る」

 

とはどういうことかを考える必要がある。

 

「39を何かでわったら3余る」ということを

 

「(39より3だけ小さい)36を何かでわったら

 

余りが0になる(わりきれる)」というふうに

 

言い換えなければならない。

 

また「36をわりきれる数をみつけるには36の約数

 

を探せばよい。」ということも言われれば分かる

 

だろうが、言い換えが苦手な子にとってはつまずく

 

ポイントだろう。

 

 

 

「もう一度自力で考えてみて」だとはじめの一歩が

 

出ないと思ったので、まずはヒントとして、土台と

 

なる発想を伝え、それをもとに考えてもらう。

 

25分ほど経ってなんとか答えにたどり着く。ノート

 

には筆算がびっしり。だが答えにたどり着くまでの

 

プロセスが確立されていない。「ひたすら色々な道

 

を歩いていたら、たまたま頂上に到達した」という

 

感じの解き方だった。

 

そこで再び先ほどのヒントの意味を一緒に考える。

 

やりとりをしていると、どうやら「36をわりきれる

 

数を探せばよい」ということは分かっているが、

 

「36の約数を求めればよい」という話に繋がって

 

いないようだ。これまたたくさん計算をした末に、

 

「結局自分がやってきたことは約数を求めるという

 

ことだったんだ! 」その後、「結局、36と63の

 

公約数を求めれば良かったんだ」ということに

 

気づくまでに20分くらいかかった。

 

最後に「なんで1とか3は答えとしてふさわしく

 

ないのか」ということを考えてもらい、無事に

 

言語化できた。結局、トータルで1時間かかって

 

この問題を理解するに至った。

 

 

 

この子はまだ現時点では算数が得意な子ではない。

 

むしろ今回のように初めて触れる問題、考え方が

 

出てきたとき、その習得に比較的時間がかかる子だ。

 

だが、いったん自分の中で腑に落ちると、そこから

 

先の定着は他の子よりも非常に良い。習得の仕方に

 

そういう特徴がある子だということが分かっている

 

ので、私も安易に解法を教えたりせずにあれこれ手

 

を動かさせる。解いた問題は1問かもしれないが、

 

その1問を解ききることを通じて、結果的に解ける

 

ようになる問題が増えれば良い。

 

 

 

この子のえらいところは、途中で投げ出したり、

 

適当な答えを書いて終わらせようとしたりせずに、

 

最後まで試行錯誤をし続けられるガッツ、根性が

 

あるところだ。勉強以外にも習い事や普段の生活

 

で、このような粘り強さを培っているのだろう。

| 2020.09.09 Wednesday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>