進学塾unitのブログ
来るときにやる気になる。帰るときに笑顔になる。
進学塾unitのブログです。

競争のあるべき姿 (00:00)

小学生の授業で「約分クイーン決定戦」を行った。

 

誰が速く正確に約分できるかを競うテストだ。

 

テスト前、本人たちは

 

「うわぁ〜緊張する!心臓が痛い!」

 

みたいに言っていて、微笑ましかった(笑)

 

本当に良い子たちだといつも思う。算数が得意な

 

も苦手な子もいるが、それぞれが自分の目標に

 

向かって全力で準備していく環境、雰囲気づくり

 

ができると良い。

 

 

 

ところで、「競争」は自分の殻を破るきっかけと

 

しては良いが、逆に苦手意識を助長し、モチベー

 

ションを下げる原因になることもある。この点に

 

十分留意して取り扱わなければならない。

 

 

 

まず、出来なかった子を馬鹿にするような態度や

 

雰囲気を絶対につくらない、つくらせないこと。

 

(当たり前の話)これは日々生徒たちの雰囲気に

 

敏感でいなければならない。unitにはそういう子

 

はいないが、「できる子が大きい顔をして、でき

 

ない子が肩身の狭い思いをする」などということ

 

があってはならないと私は考えている。全員に

 

とって居心地の良い「学びの場」でなくては

 

ならないと思っている。

 

 

 

次に、出来なかった子に対して「どうすれば次回

 

以降に挽回できるか。」を具体的にアドバイスを

 

すること。本人の勉強の仕方を聞いて

 

「たとえばテスト前に○○はやってみた?」

 

などと聞き、勉強法・勉強量の改善を促すことも

 

あるし、逆に点数が取れた子に

 

「テスト前にどういう勉強をしたの?」

 

と聞くことで、生徒間の学びを促すこともある。

 

ともあれ、具体的な指示を出すことで、単に落ち

 

込んでおしまいではなく、次に向けての行動に

 

繋げてもらいたい。

 

 

 

他人から刺激を受けて「負けたくない!」と思う。

 

そこまでは良い。そこから「自分も成長しなきゃ」

 

と、自分を良い方向に変えるという発想になって

 

もらいたい。あくまでも乗り越えるべきもの、

 

戦うべきものは自分自身なのだ。

| 2020.09.11 Friday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>