進学塾unitのブログ
来るときにやる気になる。帰るときに笑顔になる。
進学塾unitのブログです。

進学塾unit 2019年度を振り返る (00:00)

3/9()から本格的に新年度が始まる。

 

新年度を迎えるにあたり、2019年度を振り返り

 

たい。

 

 

 

 

5月中旬、本格的に塾の授業が始まった。

 

とにかく最初は生徒数が少なかったので、

 

体験授業の生徒が来てくれるかどうかが

 

不安だった。(その子が休んだら、その日の

 

授業は「無し」なのだ苦笑)

 

前職、前々職では、お陰様で生徒数にも恵まれ、

 

たくさんの生徒がいる状態が常であった。

 

もちろんその状況は決して当たり前ではなく

 

有り難いことである、ということは常に心の中に

 

あった。しかしこのときに「身に染みて」理解

 

できたと思う。

 

生徒が塾の扉を開けて「こんにちは。」と言って

 

来てくれる瞬間の安堵感。これはどんなに生徒が

 

増えても忘れないようにしたい。

 

 

 

 

ところで、それぞれの塾には「その塾の雰囲気、

 

価値観」というものがある。開校する前は、

 

「自分が理想とする雰囲気をつくるのにとても

 

苦労するのではないか」という懸念があった。

 

「そのような空気をつくるには少なくとも1

 

2年はかかるもの」という感覚があったからだ。

 

しかしこの点に関しては完全に杞憂に終わった。

 

体験授業に来てくれる子たちはことごとく素直で

 

礼儀正しく、明るく、一生懸命に頑張る子ばかり。

 

少ない人数ながら、活気とメリハリのある空気を

 

つくることができた。もちろん、小さなことで

 

注意したり修正したりすることはある。

 

しかし基本的に生徒たちは私の理想とする雰囲気

 

を体現してくれている。この点に関しては、生徒

 

たちはもちろん、保護者の方々に感謝しなければ

 

ならない。やはりご家庭での教育がしっかりして

 

いるからこそ、塾でもそのように振る舞えるのだ。

 

 

 

 

そして三つ目には、私の指導の「やり方と在り方」

 

が大きく変わったことを挙げたい。

 

生徒たちの指導を通じて、うまくいかないことは

 

多々ある。それは生徒の勉強の仕方であったり、

 

理解の仕方であったり、学習に対する意欲・行動の

 

問題であったりする。まだまだ私も未熟だ。

 

一生懸命に生徒と向き合ってもうまくいかない、

 

いや、一生懸命に生徒と向き合おうとしているから

 

こそ、より難しくなってしまうこともある。

 

それまで自分が培ってきたやり方や価値観が通用

 

しないとき、どれだけ自分が「しなやかに」

 

なれるか。それまでの価値観を一度脇においておき、

 

新しい抽斗(ひきだし)を増やすことができるか。

 

指導者はそういうことが常に試されていると思う。

 

 

 

「生徒ひとりひとりに合わせる」ということは、

 

言葉で書けば容易だ。しかし、この単純な言葉を

 

どう捉えているか。どこまできめ細かく定義して

 

いるか。そこに指導者としての懐の深さが現れる。

 

 

 

生徒たちに色々なことを教えてもらい、自分の

 

在り方を良い方向に変化、進化させることが

 

できた一年だった。生徒たちに感謝している。

| 2020.03.09 Monday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
塾ができること (00:00)

有事に際して、塾ができることは少ない。

 

東日本大震災が起きたとき、自分の仕事は

 

「当たり前の生活」の上に成り立っていて、

 

その「当たり前」が崩れるやいなや、自分の

 

仕事を通じて社会に貢献できることがいかに

 

微々たるものかを思い知らされた。

 

おそらく色々な業種の方々が同じような思いを

 

抱いたのではないだろうかと思っている。

 

 

 

 

今回の一件でも、自分ができることの小ささを

 

感じている。そんな中で、自分ができることは何か。

 

自分が持っているもののなかで、無理なく差し出す

 

ことができるものは何か。何か役に立てそうなこと

 

は無いか。そういうことを考えながら、保護者を

 

はじめとする色々な方々にアドバイスをいただき、

 

進学塾unitの対応を決めた。不安を抱えながらの

 

提案だったが、保護者の方々に喜んでいただける

 

ような対応を取ることができて、ほっとしている。

 

 

 

 

塾ができることは小さい。

 

しかし、だからこそ工夫や知恵を少しでも絞り、

 

コミュニケーションを密に取りながら協力し、

 

より良い方法を模索したいと思う。

 

 

 

 

誰もが不安な3月。生徒、保護者の方々の不安を

 

少しでも和らげ、「当たり前の生活」を少しでも

 

取り戻すお手伝いをしたい。

| 2020.03.02 Monday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
塾生、保護者の皆様へ(2) (22:00)

ご通塾いただいております各ご家庭の皆様に、

 

来週の月曜日以降の当塾の対応をご連絡

 

差し上げました。ご確認いただきますよう、

 

お願い申し上げます。

 

 

 

 

本日はお忙しいなか、対応についてお話をさせて

 

いただきありがとうございました。

 

経験したことのない緊急事態ですが、保護者の皆様

 

の温かい対応、温かいお言葉に元気をいただいた

 

一日でした。本当にありがとうございます。

 

来週から引き続きよろしくお願いいたします。

 

進学塾unit 福永和也

 

| 2020.02.28 Friday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
塾生、保護者の皆様へ (00:00)

ご通塾いただいております皆様に、

 

来週の月曜日以降の当塾の対応予定をご連絡

 

差し上げました。ご確認いただきますよう、

 

お願い申し上げます。

 

 

 

 

現時点では不透明なことばかりですが、

 

確かな情報をもとに、生徒・保護者の皆様の

 

安全・安心を第一に、柔軟に対応いたします。

 

ご不明な点、ご心配な点がございましたら、

 

いつでも遠慮無くご連絡ください。

 

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

進学塾unit 福永和也

| 2020.02.28 Friday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
2020年度 埼玉県公立高校入試 (00:00)

昨日が入試直前の最後の授業だった。

 

この1ヶ月は入試の対策を行ってきたが、

 

あくまでも高校入学後やその先を見据えて

 

指導にあたってきたつもりだ。

 

勉強の仕方、勉強への姿勢、各教科の知識。

 

この数ヶ月間、しっかりと勉強してくれて、

 

きちんと身についたことが本当にたくさんある。

 

私も指導を通じて、大切なことや新しい気づきを

 

をたくさん学ばせてもらった。

 

緊張感も含め、自分がやってきたことを精一杯

 

発揮してきてほしい。がんばってね。

 

 

 

 

 

年度末につき、少しの間だけ、ブログの更新を

 

お休みします。(と言いつつさりげなく更新

 

しているかもしれませんが笑)

 

また新年度にパワーアップして戻ってきます!

| 2020.02.28 Friday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
2020年 学年末テスト勉強会のあれこれ (00:00)

生徒たちの成長したところ、頑張っているところを

 

記しておきたい。

 

Aさん

 

今まで丸暗記で乗り切ってきたが、参考書を使って

 

意味を理解し、分からないところを質問しながら

 

頭に入れる勉強法が身についてきた。入塾後、

 

短期間でここまで行動を変えられるのは、本人の

 

素直さによる。勉強時間も格段に増えた。

 

 

 

Bさん

 

Aさんと同じく、勉強の仕方が大きく変わった。

 

今までは間違った問題の修正が不十分だったが、

 

今回はしっかりと納得いくまで調べたり言語化

 

したり、といったことがかなりできるように

 

なった。細かいところに意識が向かい、鋭い質問を

 

するようになった。直前になってから慌てて準備を

 

するのではなく、時間的に余裕を持った勉強が

 

出来ている。単位時間あたりの勉強量が多いのも

 

素晴らしい。

 

 

 

Cさん

 

今までは気が向いたときにだけ勉強していた様子

 

が見受けられたが、自習にも来るようになり、

 

勉強時間が安定してきた。間違えた問題の修正を

 

言語化してもらうと的を射た表現をしている。

 

口頭で確認しても、しっかりと理解できている。

 

いつも明るくムードメーカーになってくれている。

 

 

 

Dさん

 

これまでより1週間ほど早いペースでいろいろな

 

勉強が完了できている。1教科に集中してガシガシ

 

進める集中力がある。各教科の正答率も高い。

 

とくに理系教科で論理的に考える力が非常に高い。

 

 

 

Eさん

 

質問の数が増え、質問の内容も的確になってきた。

 

考えながら勉強できていることが伝わってくる。

 

英語がかなりできるようになってきた。本人の

 

地道な努力の賜物だ。

 

 

 

Fさん

 

自分の弱点をあぶり出すために、テスト形式で

 

大量演習をすることができている。今回は細かく

 

指示を出していないが自分の判断でできるように

 

なったことが素晴らしい。

 

 

 

Gさん

 

いつも通り、黙々とやるべきことを緻密に積み

 

重ねてられている。勉強を進めるペースにおいて

 

常にリードしている。学校の先生に言われたことや

 

テストに出そうなものにも、細かく神経を使って

 

準備できている。

 

 

 

Hさん

 

どの教科もバランス良く準備ができている。

 

前回のテストの反省を踏まえ、苦手な教科から

 

先に片付けている。問題演習量がすさまじい。

 

語句も正確に頭に入っている。

 

 

 

Iさん

 

ゾーンに入ったときの集中力がすさまじい。

 

間違えたの問題の修正、言語化ができている。

 

英文法、英単語の知識、英作文の力もだいぶ

 

ついてきた。

 

 

 

Jさん

 

英語の教科書本文の英訳がよくできている。

 

不明点も相変わらず的確に質問してくる。

 

今よりも一、二段上のレベルを目指しているため

 

出来ていないことを私に指摘されることのほう

 

が多いが、粘り強く食らいついてきてくれて

 

いる。

 

 

 

まだまだ書きたいこと、書きたい子はいるが、

 

とりあえず今日はここまで。みんな、自分の

 

努力が点数に結びつくことを願っています。

| 2020.02.27 Thursday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
想像力 (00:00)

先日の授業後に、とある生徒が

 

「先生、机の上を掃除する道具を座席の近くに

 

置いておいてください!」

 

と言ってきた。

 

私が

 

「うん?なんで?」

 

と返すと

 

「だって自分たちで掃除すれば、先生の負担が

 

減るじゃないですか。」

 

と言ってきた。

 

私は思わず

 

「・・・そんなこと、気にしなくていいの!

 

あなたたちはとにかくバリバリ勉強しなさい笑」

 

と返した。

 

 

 

 

 

自分が見えていないところに対する想像力。

 

物事の裏側でだれが、いつ、どんなことを、

 

どんな想いで行っているか。

 

そういうことに対する想像力は、みんなが持てる

 

ものではない。ましてや中学生ならば尚更だ。

 

自分が通っている塾で、先生(や他の子たち)が

 

どのように動いているか。自分がいないあいだに、

 

どんなことが行われているか。そういうことを想像

 

できる、この子の想像力は本当に素晴らしい。

 

少なくとも私が中学生のときに同じようなことが

 

できるかと言われたら無理だ。気づき、気遣い、

 

行動力も素晴らしい。この子の持っているセンスも

 

あるのだろうし、何より、ご家庭の力が大きい。

 

 

 

 

その会話をしたときは、ぶっきらぼうに返して

 

しまったが、こういう生徒と勉強をできることを

 

とても誇らしく思う。

| 2020.02.26 Wednesday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
2020年 学年末テスト勉強会のあれこれ (00:00)

今日は富士見中のテスト初日。

 

冬期講習明けに生徒たち一人ひとりと面談をし、

 

1ヶ月半にわたってほぼ毎日一緒に頑張ってきた。

 

もちろん不安もあるが、彼女たちが一生懸命に

 

努力してきた成果が出ることを祈りたい。

 

彼女たちの自信と喜びに繋がるような結果が

 

出ますように。

 

 

 

 

またこの三連休で、これまでと別人のような

 

集中力を見せた子もいる。この子のテストも

 

非常に楽しみだ。「頑張って良かった」と

 

本人が思えるような結果が出ますように。

 

 

 

 

毎回の定期テストにこれだけ色々な想いを込めて

 

仕事をさせてもらえるのは、こういう生徒たちに

 

囲まれているからだ。本人たちと保護者の方々に

 

心から感謝しないといけない。

| 2020.02.25 Tuesday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
2020年 学年末テスト勉強会のあれこれ (00:00)

今日は三連休の最終日。

 

生徒たちは朝10時から黙々と勉強している。

 

前回のテストではまだ入塾直後で、気が向いた

 

ときだけマイペースで勉強していた生徒たちも、

 

今回のテスト勉強ではほぼ毎日塾に来て勉強に

 

励んでいる。もちろん、理想通りの勉強ではない

 

かもしれない。まだまだそれぞれに足りない

 

ところがあるが、確実に今までとは違う成長した

 

姿が見られる。こういうときに、子どもたちの

 

「変わる力」の素晴らしさを目の当たりにする。

 

 

 

 

本来は10001830の予定で開室することに

 

なっていたが、生徒からの希望で2200まで

 

勉強することになった。こういう積極性もとても

 

嬉しく思う。

| 2020.02.24 Monday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
BIG PADを授業に導入します (00:00)

新年度よりBIG PADを授業に導入いたします。

 

 

 

70インチあり、ほぼホワイトボードと同じ

 

大きさです。

 

理科や社会など、写真や動画をふんだんに

 

使いたい場面に大活躍します。

 

これまでもiPhoneiPadで写真や動画を

 

見せていましたが、これからは70インチの

 

大画面です。やはり迫力が違います。授業中、

 

生徒たちの中にイメージのわかないものが

 

出てきたら、その場で調べてすぐに見ることが

 

できるというのは、やはり大切なことです。

 

 

 

英語長文や国語の文章読解の解説でも、生徒たち

 

と同じ文章を共有しながら直接書き込むことが

 

できます。数学も図の中に情報を書き込む過程を

 

リアルタイムで共有できます。素敵です。

 

 

 

 

授業における効率化は大切です。

 

とくに塾の授業は時間が限られていますから、

 

コンパクトに情報伝達できることは生徒にとって

 

大きなプラスです。効率化できるところは

 

どんどん効率化していきたいと思います。

 

ただし、何でもかんでも効率化すればよい、

 

というものでもありません。

 

生徒たちが自分で図を描く。

 

自分で文を書き写す。

 

自分で調べる。

 

あれこれ試行錯誤する。

 

分からない問題にも粘り強く取り組む。

 

同じ問題を何回も解く。

 

実力をつけるためにはこういう「泥臭い」勉強が

 

必要です。一見、効率が悪いと思うようなことも

 

長い目で見たら成長に繋がることがあります。

 

BIG PADを導入することによって新しく生まれた

 

時間を、そのような「泥臭い」勉強に費やすこと

 

で、骨太な実力をつけていきたいと思います。

 

| 2020.02.22 Saturday | unitが大切にしていること | comments(0) | 進学塾unit |
<< | 3/23 | >>